安全措置
Safety Measures

專業

PROFESSIONAL

安全

SAFETYL

責任

RESPONSIBILITY

グループ訓練

  • 新入社員教育訓練

    新入社員は経歴を問わず四週の教育訓練を必ず実施する。信宏工程の施工手順及び各種機械の操作を習うだけではなく更に会社の理念と文化を必ず理解した上で作業チームに入ることができる。

  • 事前講習

    毎回工事開始前に管理責任者は必ず辛抱強く事前講習を行い工事順調と人員安全を確保する。

  • 定期セミナは

    下記を含む:新たな工法の研究、車両機械のメンテナンス学修、顧客の案件検討、国内外工程案件の研究、現場状況のシミュレーション

  • 現場状況の指導

    現場の管理責任者は工程各動作を必ず注意し適切に作業者に正確で安全な施工手順を指導する。

  • 工程安全衛生講習

    会社の管理職は必ず「中華民国衛生安全協会」が行った甲種労働者安全衛生管理職の教育訓練を受講。

安全宣言

    工程標準、作業標準 • 安全衛生、全員參與

  • 「人員安全」「貨物安全」「機械完全」は信宏一貫で重視する理念です。この理念を達成するため信宏は各項標準作業手順(SOP)を作り、安全確保するため各項工程で必ず守るようにスタッフに要求しています。

    信宏起重工程有限公司の会社の最重要価値は「安全第一、改善継続」で、安全な作業環境及び安全概念をベースにし永遠に絶えない改善と進歩で最高で最も安全なサービスを提供する。

事前準備

  • プロジェクト担当者は工事前に必ず工事安全注意事項を宣言し管理責任者が任務配分及びグループ割当をする。各グループは工事前に自己検査を行い作業期間中、周辺に関係者以外の人や車両が入るのを防止するためセーフティコーンで安全範囲を作り維持する。

安全施作

  1. 工事前の自己検査

  2. 工事前の任務配分及び工程安全注意事項宣言。

  3. 工事作業者は安全ヘルメット、安全靴、反射ベストを着用する。

運送安全

  1. 発車前に進行路線を計画、車両が理想の操作状態を維持確保するため車両の検査を行い。

  2. 貨物は安定に車の上に固定する。

  3. 運転手の視線は貨物に邪魔されないようにし特にフォークリフトを使用する時、操作者の視線が貨物に邪魔される場合フォークリフトを「バック」の方式で走らせなければならない。

  4. 運転手は必ず交通規範を守らなければならない。良好の運転態度を維持し安全スピードで走る。

工事安全掲示板

  1. 国内外工事に関わる災害の情報をここに掲示し従業員に必ず常時作業規範を守ることを再認識させ人員安全、貨物安全と会社財産の安全を確保する。

安全衛生講習

    業務上災害の発生を防止するため管理職と一般社員何れも定期的に行う安全衛生講習に参加しなければならない。その内容は下記通り:

  1. 危険性のある機械設備及び重機械の操作人員の教育訓練。

  2. 工事災害の応急処置訓練。

  3. 危険物運送人員の緊急対応訓練。

  4. 消防設備のメンテナンス及び防火管理訓練。

  5. その他の一般人員の安全衛生教育訓練。

職場安全

    各項工事は様々な場合がある、工事前の詳細計画、施工中の注意観察に頼らなければならない。しかし予想外の状況が発生する事は避けられない。災害にならないように現場いかなる人員もきちんと注意を払って指揮を従う。その内容は下記通り:

  1. 管理責任者は必ず各ステップをきちんと注意する。

  2. 各グループが工事を執行する際相互再確認を行う。

  3. 新入社員に独立操作をさせない、先輩が指導しないといけない。

  4. 失敗をするよりもゆっくりする方がいい。疑問があれば必ず管理責任者に相談し問題がないと確認できた上で進行再開にする。

  5. 工事が完成した後、各項ツールや機械が整理されたかどうかをちゃんと確認する。